英語
↑English version website

translate01.jpg JAPhMed事務局からのお知らせ 会員ログイン japhmedパンフレット(pdf) SMDプログラム 日本製薬医学会教育コース MSL制度認定事業 GPMP日本語訳
製薬医学セミナー
年次大会(総会)
部会のご案内
製薬医学認定医制度
提言



ssl

ホーム > What's New , 製薬医学セミナー > 日本製薬医学会Medical Safety部会セミナー開催(10/28)のお知らせ

日本製薬医学会Medical Safety部会セミナー開催(10/28)のお知らせ

会員各位

日頃より大変お世話になっております。

この度、20191028日(月)に、東京にて日本製薬医学会Medical Safety部会セミナーを開催致します。

講師に国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 中村治雅先生、Eli Lilly and Company Yu-Jing Huang先生をお迎えし、「リアルワールドデータの薬事制度下での活用」についてご講演いただきます。近年、GCP刷新(ICH E8E6の改訂)の動き、疾患登録情報を活用した臨床開発インフラの整備、医療情報データベースの整備、その医薬品安全性監視活動への利用と課題(収集する臨床情報、臨床データの質、信頼性)などの議論が活発になっており、リアルワールドデータの薬事制度下での利活とその国際規制調和には大きな関心が集まっています。中村先生はAMEDの「疾患登録システムや医療情報データベース等のリアルワールドデータの薬事制度下での利活とその国際規制調和に向けた調査、課題整理に関する研究」において、研究代表者を務められ、この分野でご活躍です。またHuang先生はEli Lilly US本社において安全性部門の薬剤疫学分野を担当されており、欧米におけるリアルワールドデータの薬事下での利活用について最新の動向にも明るく、広くご活躍をされています。中村先生からは主に日本の動向や自身の関わるレジストリでの経験を、Huang先生からは主に欧米の動向についてお話頂く予定です。ご講演終了後に、panel discussionを行い、質疑応答の時間も設ける予定です。


講師:

中村治雅先生(国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター

"Real-world evidence in regulatory decision-making: current state and challenge in Japan"

 

Dr. Yu-Jing HuangGlobal Patient Safety, Pharmacoepidemiology, Eli Lilly

"Regulatory use of real-world evidence from global perspective:  R WE Ready?"

 

言語:英語(通訳はありません)

日時:20191028日(月)1800分~1930

場所: アッヴィ合同会社 東京本社(東京)

108-0023東京都港区芝浦三丁目121

msb Tamachi 田町ステーションタワーS

(地図https://www.abbvie.co.jp/our-company/company-overview/head-office-map.html

ü  オンライン WebEX)での参加も可能です。

 

参加費:【事前受付】20191024() 12:00   まで

                              会員:無料 、非会員:2,000円

【当日受付】20191024()12:00~当日

                              会員:無料 、非会員:3,000円

 懇親会費:         5,000

お申込み:         【事前受付】

                             会員    https://is.gd/1RWjNH

                                非会員 https://is.gd/TDgETh

なお、開催の詳細および、参加申込方法等の詳細につきましては、以下のPDFデータでご確認くださいませ

 ■RWE MS部会セミナーご案内.pdf

以上

 

 



メーリングリストバナー
入会案内バナー



Google
Web JAPhMed
サイト内検索


cimic製薬オンライン
記事・プレスリリース
JAPhMedニュース

入会案内メルマガ登録