英語
↑English version website

translate01.jpg 入会案内メルマガ登録JAPhMedニュース会員ログイン japhmedパンフレット(pdf) SMDプログラム 日本製薬医学会教育コース MSL制度認定事業 GPMP日本語訳
製薬医学セミナー
年次大会(総会)
部会のご案内
製薬医学認定医士制度
提言



ssl

ホーム > What's New > 【ご案内】2022年度 関西部会春セミナー開催のお知らせ

【ご案内】2022年度 関西部会春セミナー開催のお知らせ

日本製薬医学会 会員・非会員のみなさま

 厳寒からようやく春らしさを感じられる頃になりましたが、皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
3
年目に入った新型コロナ感染禍は未だ収まる兆しが見えないままではございますが、今年度も定例セミナーをWEB形式にて開催いたします。 
今回は、京都大学 iPS細胞研究所 (CiRA) 吉田善紀先生をお迎えし、「iPS細胞の心臓領域における展望と課題」と題してご講演を賜ります。

 先生は京都大学医学部をご卒業し小倉記念病院にて研修された後、大学院で心臓発生学の研究を始められました。当時はES細胞を培養分化させての心筋細胞を研究されていましたが、卒業後は山中伸弥研究室に所属し研究対象をiPS細胞に変え、心筋再生治療の基礎研究から実用化への開発に取り組んでこられました。また、肥大型心筋症の患者さんからiPS細胞を作成し創薬研究への応用や創薬・毒性実験に利用可能な心筋細胞を作成するための技術開発にも携わっておられます。iPS細胞研究が実用化に向けて動きだした今日、京都大学iPS細胞研究所の心臓領域研究のトップとして精力的に成果を発表なさっています。近年では湘南リサーチパークにても各種ステークホルダーとコラボし、その実用化への模索を続けておられます。
今回は、iPS細胞の心筋再生研究の最前線とともに今後の課題と展望についてお話をいただけるのではないかと思います。
みなさまのご参加をお待ちしております。

 

日時:2022517日(火)1800分~1930(予定)
会場:WEB (Zoom)での参加のみになります。
タイトル:iPS細胞の心臓領域における展望と課題
講師:吉田 善紀先生(京都大学iPS細胞研究所 増殖分化機構研究部門 准教授)
参加費:【事前受付】(517() 17時まで)
 事前参加登録が必須となります。Peatixアカウントをお持ちでない方はアカウント登録の後に参加登録となります。
   
会員 無料、 非会員 1,000
お申込み:以下URLからにお申し込みください。
 http://kansai-seminar2022.peatix.com

領収書はPeatixマイページからダウンロードいただけます。開始24時間前に視聴用Zoom URLをご登録メール先へお送りいたします。視聴は参加登録おひとりにつき、参加お一人に限らせていただきますので、ご注意ください。

              主催:関西部会(担当:小森英寛)



メーリングリストバナー



Google
Web JAPhMed
サイト内検索


cimic製薬オンライン EPフォース
記事・プレスリリース