英語
↑English version website

translate01.jpg JAPhMed事務局からのお知らせ 会員ログイン japhmedパンフレット(pdf) SMDプログラム 日本製薬医学会教育コース MSL制度認定事業 GPMP日本語訳
製薬医学セミナー
年次大会(総会)
部会のご案内
製薬医学認定医制度
提言



ssl

ホーム > What's New , 関連団体情報 > 【8月23日開催】臨床研究リスク管理研究会セミナー開催のお知らせ

【8月23日開催】臨床研究リスク管理研究会セミナー開催のお知らせ

一般財団法人 製薬医学会
 会員 各位

下記のJAPhMed後援セミナーが開催されるので、会員の皆様
にお知らせします。
詳しい趣旨・関連情報を含む案内は下記にあります。
http://cont.o.oo7.jp/sympo/rinriken190823.pdf
また、前回JAPhMed後援で行った本トピックの「第一回」セミナーに基づく
特集が下記「臨床評価」誌から6月末刊行され、一部論文が公表されています。
http://cont.o.oo7.jp/
*****************************************************************************
2019年(令和元年)8月23日(金)14:00~17:00(開場13:40)
「RWD・デジタルヘルス利活用における医薬品産業の未来」第二
~自分ゴトとして"何を理解し変革に向けた準備を始めればよいか"について考えるために~
*****************************************************************************
◆今村 恭子氏(東京大学大学院 薬学系研究科 ITヘルスケア社会連携講座教授)
「患者中心の医薬品開発を進めるために今求められている臨床研究/治験の変革
-クリニカル・アウトカムデータの収集に革新的技術を導入するために今必要なこと-」
◆鈴木 孝司氏(公益財団法人医療機器センター 医療機器産業研究所調査研究室 室長)
「米国Digital Healthにおける産業界と規制当局の動向
-FDA文書"Digital Health Innovation Action Plan"及び各種取組み全体を俯瞰し、Digital Healthの位置付け・意義を考察する-」
◆松井 信智氏(IQVIAソリューションズジャパン株式会社 Real World Insights シニアプリンシパル)
「医薬品の価値と安全性を立証するためのリアルワールド・データ(RWD)の集積と活用
-患者さんにより良い新薬を一日でも早く提供するための臨床試験におけるデータの早期活用-」
★お申込み先:臨床研究リスク管理研究会事務局(MS&ADインターリスク総研株式会社)
https://ms-seminar.smktg.jp/public/seminar/view/975

主催:臨床研究リスク管理研究会
共催:株式会社臨床評価刊行会
後援:一般財団法人日本製薬医学会、医薬品企業法務研究会(「後援」について申請手続き中)
協力:三井住友海上火災保険株式会社
参加費:無料。要事前登録(定員になり次第、締切ります)。
会場:TKPガーデンシティ御茶ノ水 3階会議室 カンファレンスルーム
地図:https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gc-ochanomizu/access/
事務局:MS&ADインターリスク総研株式会社



メーリングリストバナー
入会案内バナー



Google
Web JAPhMed
サイト内検索


cimic製薬オンライン
記事・プレスリリース
JAPhMedニュース

入会案内メルマガ登録