translate01.jpg 会員ログイン japhmedパンフレット(pdf) SMDプログラム 日本製薬医学会教育コース MSL制度認定事業 MDキャリアクラブ
製薬医学セミナー
年次大会(総会)
部会のご案内
製薬医学認定医制度
提言



ssl

ホーム > What's New , 出版物 > 報告:文部科学省の委員会にて製薬医学医師の必要性を説明

報告:文部科学省の委員会にて製薬医学医師の必要性を説明

今後の医学部入学定員の在り方等に関する検討会において、日本製薬医学会より高橋希人評議員が出席し、製薬業界での医師の必要性について説明をしました。その模様は下記のように報道されました。

------------------------------------- 

医学部新設の是非、意見分かれる- 文科省・医学部定員検討会

(キャリアブレイン 2011/2/18 より抜粋引用)

 

文部科学省の「今後の医学部入学定員の在り方等に関する検討会」(座長=安西祐一郎・慶応義塾学事顧問)は218日、地域医療や製薬産業の関係者からヒアリングを行った。その後の討議では、医学部新設で医師不足に対応すべきか否かなどで、委員の意見が分かれた。(中略)

日本製薬医学会評議員の高橋希人氏が、製薬業界に進む医師や臨床研究(治験)に携わる人材を育成する必要性を強調した。(以下略)

 なお、当日の資料は「今後の医学部入学定員の在り方等に関する検討会(第3回) 配付資料」として掲載されています。

· 資料1 高橋希人氏ヒアリング資料  PDF:598KB

· 資料1-参考 高橋希人氏ヒアリング資料  PDF:487KB



メーリングリストバナー
入会案内バナー



Google
Web JAPhMed
サイト内検索


cimic製薬オンライン
記事・プレスリリース
JAPhMedニュース