第13回日本製薬医学会年次大会

製薬医学2030:展望と提言 ~医療が多様化するデジタル社会を迎えて~

  • 大会長
  • 芹生 卓
  • APCER Life Sciences
    京都薬科大学
  • 開催形式(会場)
  • リアル開催:日本橋ライフサイエンスハブ
  • 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-5-5
    室町ちばぎん三井ビルディング8階(COREDO室町3)
  • WEB開催:LIVE型Web配信
  • (会期終了後に「オンデマンド配信」を予定)

What's New

2022.5.6 プログラムを更新いたしました。
2022.4.1 プログラムを更新いたしました。
2022.3.1 プログラムを更新いたしました。
2022.2.16 プログラムを更新いたしました。
2022.2.2 プログラムを掲載いたしました。
2022.1.7 大会長あいさつを掲載いたしました。
2021.12.22 ホームページを公開いたしました。