translate01.jpg 会員ログイン japhmedパンフレット(pdf) SMDプログラム 日本製薬医学会教育コース MSL制度認定事業 MDキャリアクラブ
製薬医学セミナー
年次大会(総会)
部会のご案内
製薬医学認定医制度
提言



ssl

ホーム > What's New , 出版物 > 記事紹介:日本で薬剤疫学研究に利用可なデータベース

記事紹介:日本で薬剤疫学研究に利用可なデータベース

 医薬ジャーナル(https://www.iyaku-j.com/ )より刊行されている月刊医薬ジャーナル8月号特集・薬剤疫学の新たな展開した。

 このたび、医薬ジャーナルご好意にて、日本製薬医学会会員木村先生寄稿された原稿一部抜粋して掲載いたします。

 

------------------------掲載誌より抜粋------------------------

医薬ジャーナル Vol.46 No.8 2010, P85-88

特集 剤疫学の新たな展開

4.日本で剤疫学研究に利用可なデータベース

 薬剤の日常診療下での安全性を対象とする薬剤疫学研究において,データベースは欠かせないツールである。本邦でも日常診療に伴い自動的にデータベースに蓄積される医療情報は,IT技術の発展とともに飛躍的に増加しているが,その二次利用はまだ緒に就いたばかりである。本稿では20105月現在,筆者が把握している日本人のデータベースを,各データベース保有者の確認および許可を得て,その特徴とともに紹介する。

 1.データソースとデータベースの種類

 2.レセプトデータベース

 3.臨床データベース

 欧米に比べるとまだ規模が小さいもののそれぞれに特徴のある各種類のデータベースが出揃てきた。医療データベースの二利用は,薬剤疫学のみならず受動的サーベイランスや臨床疫学,臨床試験の実施可能性調査などさまざまな分野で有用である。日本のデータベースは今後患者数拡大とともに利用価値の更なる拡大が予される。限界をよく理解した上で真摯に利用方法を学ぶことで,より迅速に,より効率良く,

より質の高い臨床研究が行えるようになり,者・臨床医・規制当局・アカデミア・企業のいずれもが大きな恩恵を受けることになるだろう。

(抜粋・転載許可

---------------------------------

 本年1029-31東京にて

[16回日本薬剤疫学会学術総会(JSPE)と第5回国際薬剤疫学会アジア会議(ACPEの合同会議]開催されます。

http://www.acpe-japan.org/japanese/

 また、下記のような出版物刊行されましたので、日本では今後当局データベース構築医薬品安全対策変わっていく思われます。ご参考までに購読をお勧めします

『薬剤疫学の基礎と実践』 https://www.iyaku-j.com/index.php?main_page=product_info&cPath=3&products_id=19987

 東京慈恵会医科大学総合医科学研究センター薬物治療学研究室教授 景山 茂 編

 東京大学大学院医学系研究科薬剤疫学講座特任教授 久保田潔 編

B5判 336

定価 5,460 

代表的な薬の副作用事例と薬害を丁寧に解説。初学者の入門書としてはもとより、薬剤疫学の研究手法についても具体的に詳述。

各セクションの冒頭に掲載した"Summary"・"学習の目標"で、学ぶべきポイントが明確に。

医師、薬剤師、看護師をはじめ、企業安全性部門担当者、行政担当官、医・薬・看護学生にも必携の1冊!

医薬ジャーナル Medicine and Drug Journalについて

発行形式 月刊 毎月1日発行

編集方針病院薬剤師、臨床医のための医薬品および医療の学術的情報を提供する。さらに、医薬品をめぐる政治、経済、社会問題にも目を向け、適宜、報道、解説、論評を行う。 

 



メーリングリストバナー
入会案内バナー



Google
Web JAPhMed
サイト内検索


cimic製薬オンライン
記事・プレスリリース
JAPhMedニュース