translate01.jpg 会員ログイン japhmedパンフレット(pdf) SMDプログラム 日本製薬医学会教育コース MSL制度認定事業
製薬医学セミナー
年次大会(総会)
部会のご案内
製薬医学認定医制度
提言



ssl

ホーム > What's New > 日本臨床腫瘍学会・日本製薬医学会合同シンポジウムのご案内

日本臨床腫瘍学会・日本製薬医学会合同シンポジウムのご案内

来る318-19日、東京ビッグサイトにて畠 清彦会長(財団法人癌研究会有明病院 化学療法科部長)により「がん拠点施設の実力向上と国際化」をテーマに第8回日本臨床腫瘍学会(JSMO)学術集会が開催されます。

同学術集会期間中JSMOJAPhMedのはじめてのコラボレーションで「シンポジウム2 がん薬物療法専門医合格者および腫瘍内科医のキャリアパスを考える」が開催されます。畠 清彦会長とJAPhMed芹生 卓MA部会リーダーを座長に、エグゼクティブサーチ、JAPhMed、学会(JSMO)の異なる立場から、専門技術を持つ医師が臨床現場や研究職だけでなく、どのような立場で何を目指して行くかを考えていきます。

日時:2010318日(木)9:00-11:30

場所:東京ビッグサイト 4会場(会議棟1F/101会議室)

演者・演題名については添付のプログラムをご覧ください。

また、JSMOのウェブサイトもご覧ください。 http://www.pac.ne.jp/jsmo8th/

本学会はその名の通り「がん」がターゲットですが、学術集会では国立がんセンターの藤原康弘先生による「臨床研究に関する倫理指針」や近畿大学西尾和人教授による「患者試料からのバイオマーカー検索」など「がん」分野以外でも重要なテーマの教育講演が多数開催される予定です。また、1817時からは会長シンポジウム「女性医師復帰プログラム:女性医師と女性医師を部下にもつ上司のために」が開催され、大学だけでなく企業からの発言も予定されています。畠会長のお人柄か、「展示会場では女性医師のためのお肌の手入れに関するブースも出展されます。」とのことです。 がん分野に留まらず広範囲での議論の盛り上がりが期待される「8回日本臨床腫瘍学会学術集会」に是非足をお運びください。

 

日時: 2010318日(木) 900 ~ 1130

場所: 東京ビックサイト 第4会場(会議棟1F/101会議室)

会場へのアクセス: https://act.jtbgmt.com/gmt/ssl/jsmo2010j.ASP

学術集会ウェブサイト: http://www.pac.ne.jp/jsmo8th/

大会本部: 135-8550 東京都江東区有明3-10-6

財団法人 癌研究会有明病院 化学療法科内
TEL
03-3520-1111()
FAX
03-3570-0465

E-mailjsmo8th@jfcr.or.jp

     

【プログラム】

900 ~ 1130 シンポジウム2

がん薬物療法専門医合格者および腫瘍内科医のキャリアパスを考える

座長:畠 清彦 (癌研有明病院化学療法科)

    芹生 卓 (日本製薬医学会メディカル・アフェアーズ部会)

S2-1

Job Marketから見た医師のバリュー

妹尾 輝男

日本コーン・フェリー・インターナショナル(株)社長

S2-2

日本製薬医学会員の動向にみるMDのキャリアパスと期待される役割

今村 恭子

一般財団法人日本製薬医学会(JAPhMed)理事長

S2-3

製薬企業における医師およびメディカル・サイエンス・リエゾンの職務に関する調査結果

芹生 卓

日本製薬医学会 メディカル・アフェアーズ部会

S2-4

日本臨床腫瘍学会(JSMO)が描くmedical oncologistの将来像

田村 和夫

福岡大学医学部腫瘍・血液・感染症内科

 

 



メーリングリストバナー
入会案内バナー



Google
Web JAPhMed
サイト内検索


cimic製薬オンライン
記事・プレスリリース
JAPhMedニュース