translate01.jpg 会員ログイン japhmedパンフレット(pdf) SMDプログラム 日本製薬医学会教育コース MSL制度認定事業
製薬医学セミナー
年次大会(総会)
部会のご案内
製薬医学認定医制度
提言



ssl

ホーム > What's New > 「PMS部会主催10月研修会」のお知らせ

「PMS部会主催10月研修会」のお知らせ


■「PMS部会主催10月研修会」のお知らせ
(製薬医学医師認定医制度研修:4ポイント)

日時:2009年10月19日(月)17:00-19:30
会場:ヤンセンファーマ、日本イーライリリー(電話接続)
締切:2009年10月13日(火) 17:00 (申し込み、会費振込共に)

※参加申し込みは事前登録が必要ですが、「当日参加」も可能です。ご参加ご検討の程宜しくお願い致します。

■第一部
講師:瀬戸口聡子 先生
ハーバード医学校・ハーバード公衆衛生大学院 アシスタントプロフェッサー (内科・疫学科)
ブリガムアンドウィメンズ病院 内科薬剤疫学・薬剤経済学部門 循環器系安全性アウトカムリサーチ ディレクター


演題:米国における市販後調査と薬剤疫学の役割 
概要:瀬戸口先生は、昨年より1年間に渡りメディカルトリビューン誌に連載された、"米ハーバード発―市販後調査への取り組み"の著者としてご存知の方も多いと思います。今回の講演(第一部)は、JAPhMed PMS部会と安全性研究会PV分科会との共催にてお送りいたします。

 

■第二部
講師:株式会社トークス 業務推進第一部 部長 岡田美紀 様
講演:リスクコミュニケーション:メディア対応の実際 (仮題) 
概要:副作用問題発生時のリスクマネジメントとして、適切なコミュニケーションスキルの習得は非常に重要です。今回は取材記者の特性やメディアのタイプ、発信する情報の提示方法、事前準備や記者会見のポイントなど、実践的な取り組みについて専門の講師による研修を行います。製薬医学医師として有用な研修ですので、安全性業務担当以外の会員の方も参加されることをお勧めします。

■関西会場のお知らせ

今回のPMS分科会は関西に会場を設定しました。東京会場と電話で接続する予定です。
製薬医学医師認定医制度研修:4ポイントが付与されます。

会場:日本イーライリリー(株)1207会議室
集合場所:日本イーライリリー(株)1F受付
集合時間:16時45分

■お申し込み(従来の「会員専用コーナー」より登録も利用可能)
http://member.japhmed.jp/schedule/index.asp?patten_cd=28&page_no=15

参加費(東京会場・関西会場):\10,000-(カテゴリー1)、\ 3,000-(カテゴリー2&3)
懇親会費(東京会場のみ):\ 3,000
事前登録・懇親会申込・銀行振込期限:10月13日(火)17時
(懇親会に参加される先生は研修会費との合計金額をお振込下さい)

☆参加会場(関西 or 関東)は、申し込み画面のアンケートにてご選択下さい。



メーリングリストバナー
入会案内バナー



Google
Web JAPhMed
サイト内検索


cimic製薬オンライン
記事・プレスリリース
JAPhMedニュース