translate01.jpg 会員ログイン japhmedパンフレット(pdf) SMDプログラム 日本製薬医学会教育コース MSL制度認定事業 MDキャリアクラブ
製薬医学セミナー
年次大会(総会)
部会のご案内
製薬医学認定医制度
提言



ssl

ホーム > What's New > 第9回北里・ハーバードシンポジウムのご案内

第9回北里・ハーバードシンポジウムのご案内

2009714日発行の日本製薬医学会ニュースNo3でもご案内しましたが、来る9月11-12日に第9回北里・ハーバードシンポジウム「国際同時試験におけるアジア臨床試験の意義」が開催されます。同シンポジウムにおいて、9月12日(土)1530-1730NPO法人JCPM(Japanese Center of Pharmaceutical Medicine)および日本製薬医学会の企画によるセッション5「臨床研究基盤」を行います。本セッションでは高橋希人先生を座長に、日本の臨床研究の環境整備に関する課題と解決策について以下の5人の先生方よりそれぞれのお立場からご発言をいただいた後、パネルディスカッションを行う予定です。

本セッションは、本年3月の総会パネルディスカッション「臨床研究をとりまく課題」をふまえ、さらに多方面の先生方をお招きし、地盤沈下が懸念される日本の臨床研究の発展のためにどう協力していくかをより開かれた場で議論するMA部会企画ですので、是非ご参加ください。

  日:2009 911日(金) 13:00-18:00

2009 912日(土) 09:00-17:50

  場:北里大学白金キャンパス内 コンベンションホール

    (昨年と会場が違いますのでご注意ください)

1日目 911日(金)

1300 - 1330 開会

13:00-1310 開会の辞
 柴 忠義 (北里大学)

13:10-1320 来賓祝辞
 成田 昌稔 (厚生労働省)

13:20-1330 歓迎の辞
 Marvin Zelen (ハーバード大学)

1330 - 1400 基調講演 1

座長: 井村 裕夫 (科学技術振興機構)

13:30-14:00 
 孔 鉉佑 (中華人民共和国駐日本国大使館公使)

1400 - 1500 
セッション 1  日本における新薬開発のための日本の行政の取り組み

座長: 井村 裕夫 (科学技術振興機構)

14:00-14:15 文部科学省における取り組み
 渡辺 正実 (文部科学省)

14:15-1430 新薬開発促進のための厚生労働省における取り組み
 千村 浩 (厚生労働省)

14:30-1445 日本における医薬品開発促進のための課題
 荒木 由季子 (経済産業省)

14:45-1500 内閣府における推進の指導について
 加藤 誠実 (内閣府)

1500 - 1520 休憩

1520 - 1800 
セッション 2  海外データの受け入れに対する各規制当局の取り組み

座長: 竹内 正弘 (北里大学)

15:20-1540 米国における現状と展望
 Robert L. Justice (米国食品医薬品局)

15:40-1600 EUにおける現状と展望
 Kristina Dunder Medical Products Agency, Sweden

16:00-1620 中国における経験と展望
 唐 健元 (中国国家食品薬品監査管理局)

16:20-1640 KFDAにおける海外臨床データ受け入れ 
 Jung Yun Chang (韓国食品医薬品局)

16:40-1700 海外臨床データ受け入れに関する日本の審査経験を踏まえた今後の国際共同開発について
 宇山 佳明 (医薬品医療機器総合機構)

17:00-1720
 Hyeong-Seok Lim (ソウル峨山病院)

17:20-1800 パネル討論
 パネリスト:上記講演者,岩崎 甫(グラクソスミスクライン)

1815 - 2000 懇親会

2日目 912日(土)

0900 - 1130 
セッション 3  アカデミアによる橋渡し/臨床研究

座長: Marvin Zelen (ハーバード大学)

09:00 - 0920 日本における橋渡し/臨床研究
 成川 衛 (北里大学)

09:20 - 0940 韓国における橋渡し/臨床研究
 In-Jin Jang (国立ソウル大学)

09:40 - 1000 インドネシアにおける橋渡し/臨床研究
 Rianto Setiabudy (インドネシア大学)

10:00 - 1020 未定
 Lee Hodge (ファーサイト)

10:20 - 1040 未定
 Hearng-Der Chern (医薬品査検中心,台湾)

10:40 - 1130 パネル討論
 パネリスト:上記講演者,山本雄士 (科学技術振興機構)

1130 - 1300 昼食

1300 - 1345 基調講演 2

座長: 竹内 正弘 (北里大学)

13:00-13:45 iPS細胞の可能性と課題
 山中 伸弥 (京都大学)

1345 - 1505 
セッション 4  企業の取り組みと将来への提言

座長: 原田 明久 (ファイザー)

13:45-1405 中国を始めとするアジア治験環境について
 満 志偉 (大塚製薬研発,北京)

14:05-1425 新興成長市場における医薬品開発の挑戦
 Bradley Marchant Pfizer Global Research & Developmen

14:25-1445 日本のバイオベンチャーの課題と今後の展開
 吉田 文紀 (シンバイオ製薬)

14:45-1505 日本におけるセンティネルイニシアティブ; 電子診療情報の市販後安全対策への活用について
 三澤 馨 (医薬品医療機器総合機構)

1505 - 1530  休憩

1530 - 1730 
セッション 5  臨床研究基盤

座長: 高橋 希人 (Japanese Center of Pharmaceutical Medicine

15:30-1550 臨床研究実施者の立場から
 中村 慎一郎 (西日本がん研究機構)

15:50-1610 国立病院機構における臨床研究の取り組み
 伊藤 澄信 (国立病院機構本部)

16:10-1630 大学における研究支援の経験から
 佐藤 裕史 (慶應義塾大学,JCPM,日本製薬医学会)

16:30-1650 医療,司法,立法の立場から
 古川 俊治 (参議院議員)

16:50 - 1730 パネル討論
 パネリスト:上記講演者,今村恭子 (日本製薬医学会)

*本セッションはNPO法人JCPM (Japanese Center of Pharmaceutical Medicine) および一般財団法人 日本製薬医学会の企画によるものです。

1730 - 1750 閉会

17:30-1740 結論
 Marvin Zelen (ハーバード大学)

17:40-1750 閉会の辞
 竹内 正弘 (北里大学)

*プログラムは予告なしに変更されることがあります。

シンポジウムの詳細、および参加登録は下記HPよりお願いいたします。

http://www.pharm.kitasato-u.ac.jp/biostatis/khsympo200909/khsympo_main200909.html

Please log on to

The 9th Kitasato University-Harvard School of Public Health Symposium HP

http://www.pharm.kitasato-u.ac.jp/biostatis/khsympo200909/khsympo_overview200909.html

 

 

 

 



メーリングリストバナー
入会案内バナー



Google
Web JAPhMed
サイト内検索


cimic製薬オンライン
記事・プレスリリース
JAPhMedニュース