ホーム > 国内製薬医学教育コースご案内 > コース修了後のスペシャリスト・タイトル取得について

コース修了後のスペシャリスト・タイトル取得について

PharmaTrain SMD (Specialist in Medicines Development)

 2015年度より開始を予定しているPharmaTrainの新教育プログラムSMDでは、製薬医学の知識だけでなく、職場でのCompetency(実践能力)の評価に基づいた計画的な人材育成を目指しています。

 このプログラムでは、Competencyを含めた評価が一定のレベルに達したと判断された場合に、Global PharmaTrain Certification Boardが国際的に認定するSMDというタイトルを授与します。

 産官学のどの職場においても、また、医師であってもなくてもSMDプログラムへ登録申請することができます。 登録するには各国のNational PharmaTrain Certification Boardに申請し、登録資格(ライフサイエンス分野での教育履歴、職場で製薬医学業務に現在従事していること)の確認後に、職場の協力を得て初期評価を行い、人材育成計画を作成します。製薬医学教育コースでの履修実績に加えて、職場でのMentorとの定期的なフォローアップをNational Boardが評価し、目標に達した時点でGlobal BoardからSMDとしてのCertificationが発行されます。

詳しくは日本製薬医学会事務局までお問い合わせください。


海外のPharmaTrainコースが提供するタイトルへの申請

 PharmaTrain認証を受けた海外各国のコース*が発行する各種のスペシャリスト・タイトル(主にDiploma)に応募する場合、事前に当該コースの事務局に確認のうえで、本製薬医学教育コースでの履修実績を教育履歴として提出することが可能です。具体的なタイトルの獲得プロセスや基準の詳細(入会条件、タイトル取得に必要な受講や受験、単位互換性、手数料等)についてはあらかじめ当該コースの事務局まで直接お問い合わせください。

*PharmaTrain認証コース一覧:
http://www.pharmatrain.eu/trainingcentres/provider.php