ホーム > 国内製薬医学教育コースご案内 > 教育コースの特徴

教育コースの特徴


1.国際的カリキュラム

このコースは国際開発時代の教育プログラムとして、EUのIMI(InnovativeMedicinesInitiative)における教育プロジェクトPharmaTrainの標準カリキュラムに準拠しており、履修実績はEU内外でPharmaTrainプロジェクトに参加する各国で認知されます(2014年までにEU全域で標準化、その後はアジアやアメリカにもグローバル化予定)。


2.大阪と東京で開講

大阪と東京のそれぞれのサイトから講師が担当科目を提供し、テレビ会議システムを通して各受講地区に配信されるため、受講しやすくなっています。一定の履修基準を満たした場合、修了証書や認定タイトルが発行されます。


3.勤務との両立

社会人受講生が勤務を継続しながら受講できるよう、土曜日中心の年間開催スケジュールとなっています。


4.実践的教育

創薬から市販後にいたる幅広い科目を履修し、事例研究をベースとした実践的教育を通して現場での即戦力となる実力養成を目指しています。


5.ネットワーク構築

年間教育による産官学からの講師と受講生の交流により、職場の域を超えた豊富な人脈の構築が期待されます。